社長ブログ

2016年岩手の旅

リオと甲子園で大忙しの8月。
もう全部そっちのけ。

そんな中、世界遺産と牧場と河童を求めて岩手へ家族旅行。

平泉で歴史に浸り、

019_convert_20160812153234.jpg
       〈自分のお小遣いでお参りするも、、、〉

020_convert_20160812153255.jpg
    〈計3回引いたおみくじがすべて中吉で銀メダル!〉

小岩井で自然を満喫し、

025_convert_20160812153324.jpg
〈1週間前にかかとを三針縫い、
ようやく治りかけてきたにもかかわらず
前日の中尊寺の急坂と
牧場内での1万歩を超える移動で腫れが悪化した私!
家族に迷惑をかけたので銅メダル〉

遠野で河童伝説にふれた2泊3日。

026_convert_20160812153605.jpg
〈3日目の遠野では足が動かず
ベンチでお留守番のため写真がないので
クマの写真でごまかし〉

楽しい旅行だったので金メダル!

2016.08.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記。

男旅~オレたちのSHIMANAMI~

052_convert_20160617084022.jpg

2年に一度の男3人旅。
3回目となる今回は満場一致でしまなみ海道に決定。
広島県尾道から愛媛県今治まで、
自転車で80km走破1泊2日の旅。

001_convert_20160617090202.jpg

尾道ラーメンでお腹を満たし
まずは第1の島・向島へ!

005.jpg
      〈後ろのママチャリじゃねーっすよ〉

向島はサクッと。
彼方に見えるは
第2の島・因島へつながる因島大橋。

011.jpg
    〈前日まで大雨。この日は30度。ヤバいっす。〉

因島は村上水軍城の地。

015.jpg
    〈石段を嫌がる二人を強引に。汗が噴き出す〉

第3の島・生口島へ。

023.jpg
     〈橋の入り口まで登る高低差がキツい〉


IMG_4373.jpg
            〈水分補給は命綱〉

13時に出発して16時に宿舎着。
部屋で休みたがる2人を説教し
国宝向上寺三重塔とサンセットビーチへ連れ出す。

031.jpg

037.jpg
      〈この時点ではしゃいでるのは私だけ〉

初日はここまで。
走破距離40km。まだまだ。

生口島はレモンの島。
夕食では美味レモンサワー、お風呂はレモン風呂、
お土産ははちみつレモンとレモン石鹸

2日目、、、
1名微熱でダウン。
よって2人でGO!
(微熱友人はバスで今治へ)

040.jpg
         〈旅館つつ井。☆☆☆☆☆〉

第4の島・大三島へ。

045.jpg

048.jpg
   〈多々羅大橋。とにかく橋を渡るのが気持ちいい〉

サイクリストの聖地があったので寄り道。

049.jpg
 〈この日も30度。ちなみに翌日は雨だったらしい。ツイてた〉

第5の島・伯方島へ。

058.jpg
     〈この時点でポカリ5本消化。汗が止まらない〉

伯方島もサクッと。
12時までに今治に着かなきゃならないので
ひたすらペダルを漕ぐ。

で、最後の島・大島へ渡り、
いよいよ四国本土・今治へ。

059.jpg

061.jpg
〈全長4km。長い、気持ちいい。けど、
高所恐怖症なので少しビビりながらの走行〉

今治駅で微熱友人と合流しジ・エンド。

067.jpg

069.jpg
          〈バリィさんのお出迎え〉

2日間で80kmなんで驚くような長さではないんですけど、
最後まで一緒に走った友人が
初サイクリングでいきなり80kmを走り切ったことに驚き!
明後日以降の筋肉痛が気の毒で。。。

コースはアップダウンが多く、特に橋の入口までの上り坂が心臓破り。
その分延々続く下り坂の気持ちよさは格別。
島内の道路は整備されていて、海の香りをかぎながらリラックスして走れましたし、
橋上から絶景を眺めながら走れるのが醍醐味。
爽快!!
すごいぞ、しまなみ海道!

で、道後温泉によって帰福。

IMG_4378.jpg

IMG_4385.jpg

また行こう。

2016.06.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記。

黄色い線の内側に。

新幹線が好きです。
撮るのではなくて乗るのが、です。
新幹線に乗る前日はひそかにワクワクして寝付けません。

車内での作法は、、、
リクライニングを最大に倒し(後ろの方、ご迷惑おかけしてすみません)、
コーヒーを飲みながら小説を読む、
朝の乗車なら新聞にじっくりと目を通す、
もしくはスマホに録音してある落語を聴く、
あるいはラジコでAMラジオを楽しむ。
時に車窓からの景色を楽しみ、
時にうたた寝をする。
夜に乗車している場合はアルコールを少々、いやそガツンと。
おつまみはビーフジャーキーで決まりです。

この時間が幸せです。
限りある時間を好きなように過ごす。
たまりません。
乗車時間的には長すぎず短すぎず、
東京~新大阪間(のぞみ)がいい感じです。
福島~東京間はちょっと短すぎますね、
でも各駅停車便はいい具合です。

そしてなにより独りがいいです。
誰かと一緒だと
寝ちゃったり本を読んだり勝手な振る舞いをしたら
ずいぶんな奴だな、と叱られちゃうんじゃないだろうか。
話さなきゃならない、
話題を振らなきゃいけない、
つまらない男だと思われたくない、
と怒涛の如く強迫観念が押し寄せてくるので
ドキドキです。。。
とはいっても賑やかなのも好きなんですけど。

また快適さを堪能する反面いつも頭をよぎるのは
駅のホームで目撃するあの新幹線の通過スピード。
一瞬のうちに目の前を通り過ぎていくそのスピードには
恐怖を感じてしまうほどです。
『自分はこんなスピードで移動する乗り物に乗っているのか、
 転倒したらおしまいじゃないか。
 呑気にくつろいでいる場合か。』

でも転倒しないんですよね、日本の新幹線。
すごい技術です、
日本人でよかったと心の底から思います、
その安全性を誇りに思います。

とまぁなんで新幹線への偏愛を披露しているかというと
北海道新幹線開業に
少しばかり興奮しているからです。
興奮して饒舌になっているだけです。

2016.02.06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記。

クイズ・ココハドコ

①前田氏の居城。



②青銅製の立像では世界最大。

011_convert_20151125084409.jpg

③歩行者専用としては「本州一」の長さの吊橋。

012_convert_20151125084432.jpg

④いわずとしれた三大庭園。

KIMG0180_convert_20151125084521.jpg

⑤いわずとしれた三名瀑。

017_convert_20151125084455.jpg

2015.11.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記。

京料理、おあがりやす

福島きっての七人の美食家、京を行く。
(撮影者の私は福島でも名うての味オンチ)



半兵衛麩さんへお邪魔します。

003_convert_20140307145522.jpg

麩ずくしのフルコースを堪能。

006_convert_20140307145757.jpg

石野銀平さんでは・・・

027_convert_20140307145952.jpg

鯛めしで満腹。

029_convert_20140307150100.jpg

小腹がすたいので、

034_convert_20140307150233.jpg

壱銭洋食をガッツリ。うま。

033_convert_20140307150350.jpg

なんにでも醤油、の舌バカな私も満悦。

2014.03.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行記。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。