社長ブログ

アイアンシェフはここにいる! Cooking1

「お父さんがごはんつくってー」

新年早々、息子のこの一言で重い腰があがりました。
満を持して、福島のアイアンシェフが立ち上がった歴史の瞬間です。
これまで料理という料理を避けてきた私を、
苦手意識が先行し、自分は料理ができないと暗示をかけてしまっていた私を、
かつて出汁なし味噌で味噌汁を作ったことのある私を、
キッチンに立とう、立ってみよう!と勇気づけてくれた息子の一言。
断ったら男がすたる、威厳もなくなるってもんです。

さあ、どんな料理を披露してやろうか!と
頭の中のレシピを紐解いたところ
チャーハンとヤキソバと二色ご飯しかページにありませんでした・・・、
ので、1回目はケンジチャーハンを召し上がっていただきましょう。

クッキング、スタート。

具はソーセージとネギとタマゴ焼き。
全部細かく刻みます。

DSC_4118_convert_20130108153303.jpg
           〈待ってろ、中華の脇屋!〉

味付けは味の素と塩と醤油。
私は醤油最強説論者です。
醤油をかければなんでもおいしくなります。

DSC_4144_convert_20130108153454.jpg
        〈佐野さん!フライパンに卵が入りました!〉

パラパラになるまで炒めて出来上がり。
渾身の一品!どうだ、まー!

DSC_4155_convert_20130108153718.jpg
         〈丸くしてやったら喜んでくれました〉

「おいし~」

勝者、多田!うれし泣き、パパ!

人のためにつくる料理、楽しいね~。
続けてみよう!レパートリーを増やしてみよう!
とりあえず今年の目標は手作りハンバーグにしてみます。

2013.01.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 多田ミシュランとか。

辰の睦月の一献

今年も宜しくお願いいたします。

手帳に今年の誓いをしるしました。
今年の個人的な行動指針です。
15、16個もしるしちゃいました。

当たり前のことばっかりなんですが、
1年間続けられたら
年末には徳の高い男になっているかも。
自分にちょっぴり期待しています。

逕サ蜒・002_convert_20120104104444
             〈妻の実家にて名酒、十四代を〉

みなさん、
歓びの多い一年にしましょう。

2012.01.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 多田ミシュランとか。

師走の一献

肝臓を酷使する12月。
アルコールをしっかり分解していますか?
たっぷり寝たつもりでも
朝起きると意外と酒気は残っているものです。
そんな状態で車の運転は禁物×××!

捕まるとか自損事故とかそんなことを心配しているのではなく
人身事故でも起こしたらそれこそ気の毒です、
被害を受けた方が。

事故を起こした方は自業自得です。
被害を受けた方はただのとばっちり。
なんの非もなく普通に生活しているところに
酒気帯び運転者が飛び込んできて
巻き込まれちゃうなんて
ホント気の毒です。

そうならないためにも
アレを飲みましょう!

逕サ蜒・001_convert_20111221085408

はい、「しじみ汁」です。

二日酔いにはしじみ汁!
もはや定番中の定番です。

肝臓によいさまざまな栄養成分が豊富なしじみには
必須アミノ酸がバランスよく含まれています。
お酒を飲み過ぎると、肝臓の細胞が損傷を受けるのですが、
必須アミノ酸を補給すると、この損傷を修復してくれるのです。
さらに肝臓の疲労回復を早めます。
至れり尽くせりしじみ様、です。
お酒を飲み過ぎた翌朝は、ぜひしじみ汁を。
ちなみに私は飲んだ後、寝る前に飲みます。
翌朝スッキリです。

みんなが不幸になる事故を起こさないためにも、
ぜひしじみ汁を!

まぁその前に深酒に気をつければいいんですよね。

2011.12.21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 多田ミシュランとか。

霜月の一献

初めて飲みました、電気ブラン。

逕サ蜒・037_convert_20111121164853

浅草の伝説、電気ブラン。

飲んだらたちまち別人格が現れるという電気ブラン。

ブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、薬草がまざりあって
そりゃあもう味わったことがない美味さ。

談志師匠を偲びながら今日もいただきます。

ちなみに私の別人格はちょっとめんどくさい感じでした。

2011.11.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 多田ミシュランとか。

神無月の一献

秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか。

私はといえば、
何もすることが無い夜は早々に寝室へ、
それこそ9時くらいには。
ベッドに入りスタンドの灯りでミステリー小説を読みふけます。
10月だけでも
「マスカレード・ホテル」「鍵のかかった部屋」
「謎解きはディナーのあとで」「ユリゴコロ」
「ばらばら死体の夜」「よろずのことに気をつけろ」
今は香納諒一「心に雹の降りしきる」中です。

家族と離れて暮らす私ですが
この時間だけはすべてを忘れて心落ち着く時間です。

しかも寝室にお酒を持ち込んでの読書。
盃をかたむけながらの読書は心を癒し、
ゆったりとした空間でリフレッシュできます。

今月のお供は親しい先輩からいただいた
いわき市の四家酒造、「又兵衛吟醸酒」。

逕サ蜒・015_convert_20111020173759

奥行きのある味わいが口中に広がり余韻を残します。
香りもフルーティーでなめらかな味わい。
旨い。

安田さん、ありがとうございました。
ごちそうさまでした。

えっと、ちなみにツマミは柿ピーです。
寝室が柿ピー臭いです。
妻へ、
ごめんなさい。

2011.10.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 多田ミシュランとか。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。