社長ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

2010W 死闘!~vsパラグアイ~

日本 0-0 パラグアイ
PK 4-5

PKは時の運。
R・バッジオだって外すのがPK。
PKは勝者を決めるものではなく、
次に進む両チームの代表を決めるもの。
パラグアイは日本の分まで戦わなければならないんです、
スペインと。
日本は勝利をパラグアイに託して、
準々決勝を戦ってるつもりで応援しましょう。
頼むぞ、パラグアイ!サプライズをおこしてやれっ!

それにしてもハードなゲームでした。
スタミナ勝負の肉弾戦でしたね。
120分、みんなよく走りました。
走りでは勝ってましたよ。
こういったタフなゲームは貴重な経験になり、
これからの日本サッカーの発展にとって
大きな自信になるでしょう。
感動なんて陳腐な言葉では言い表せない大事なものを
得ることができました。
選手の皆さん、ありがとうございました。
今後の活躍を楽しみにしています。

そして岡田監督。

RSCN2531_convert_20100629235201.jpg

サッカーの監督って
なんの役得もない辛い仕事ですよね。
ファンやマスコミにバッシングされるばっかりだし。
でもそんなプレッシャーを受け止めて、
信念を貫いたプロの仕事を見せてもらいました。
お疲れさまでした。
これからはゆっくり休んでください。

今大会で世界に示したとおり、
日本も、韓国も、アジアサッカーは上昇一途!
今回のベスト16は、世界に対してほんのご挨拶。
4年後、本田、川島、森本、長友、内田を中心に
2014Wcupでは、世界中に正真正銘の驚きを与えようではありませんか!
だから私たちも分かったような批判ばっかりしてないで、
もっと本気で熱いエールを続けましょう!
上手くいかないときに応援してくれる人がいると
がんばれるんですから、人間は。

スポンサーサイト

2010.06.30 | コメント(2) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

2010W~英vs独~

イングランドvsドイツ。

私はもちろん、ミック・ジャガーも期待していたイングランドは、
南アでは豆電球ほどの輝きもはなてず散っていきました。

RSCN2514_convert_20100627234407.jpg
   〈イングランドは石のように転がって行った・・・〉

ルーニーは不発、
主審にまでソッポを向かれ、
イングランドらしいサッカーは最後まで展開されず。
2点目がゴール判定だったら・・・、
悔やまれますが、ドイツのほうが勢いがありました。
若手が躍動していいチームです。

イングランド低迷の始まりは、
GKがボールをポロリとこぼした1次リーグの初戦なのか。
大会前の日本との親善試合もらしくなかったですけどね。

2014Wはどのように立て直してくるのか。
主力が30前後ということを考えると、
世代交代が課題ですね。
新たなスター出現はあるのか!?
2014Wは期待しています。
ガンバレ、イングランド!
そして、さらば、カペッロ。さらば、ランパード。
RSCN2513_convert_20100627234316.jpgDSCN2515_convert_20100627234222.jpg

お疲れ様でした。

最後に。
人間ですからミスはありますが、
「プロ」は、ミスを限りなくゼロに近づけていかなければなりません。
主審は自分のミスを謙虚に認め、
次回からはジャッジの精度を高めていってください。
なんて、偉そうに・・・エヘッ。

2010.06.28 | コメント(4) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

2010W 激突!~vsデンマーク~

日本 3-1 デンマーク

選手たちがピッチに入場する時に、
手をつないで一緒に歩いてくる各国の子供たち。

名誉ある大役に心弾ませてるんだけど、
やっぱり緊張して落ち着きが無かったり、
夢心地でふわふわしてたり。
嬉しくて笑顔満面の子供たちもいます。

試合前の緊張を一瞬和らげてくれるいいシーンです。

また選手たちも素晴らしいです。
入場前に子供たちに笑顔で話しかけたり、
頭をなでてあげたりして。
子供たちの緊張を少なくしてあげると同時に、
自分たちもリラックスできるんだと思います。
ガチガチで試合に入ればパフォーマンスも落ちますしね。

さて、デンマーク戦。
ナイスゲーム!興奮した!朝方に血圧上がった!
決勝T進出おめでとう!

ホントに日本人は勤勉です。
サボることなく全員で守って、
90分走り回って、
集中力切らさないで。

ゴール前にはきっちりカギをかけていました。
セキュリティ万全です。
これぞ日本警備保障です。
カテナチオの称号をイタリアから譲り受けましょう。

これでまだまだ楽しみが続きます。
この興奮、7.11まで続けばいいなー。
次もがんばろう!待ってろ、パラグアイ!

2010.06.25 | コメント(3) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

ダイエットマンの愉悦。

ダイエットを開始して2ヶ月経過。

前回(5月17日)このブログで公表した体重は、
81.7kgでした。
スタート時が82.8kg。

そして6月19日未明。
オムロン君が示した数値はこちら。

RSCN2441_convert_20100621154721.jpg

1ヶ月で2.9kgダウンです。

ええ、
トリックではありません。
そ~っと乗って、体を浮かし気味にして計ったわけでもありません。
もちろん脂肪吸引もしていません。
食事の量を抑えて、
せっせと歩いて、
おやつ、アイスご法度の生活を送り
自力で下げました、正真正銘。

ただ、空腹時に計るという、
ちょびっとおとなげないことをしてしまったことは
告白します。
でも79kg台と78kg台では、
今後のモチベーションも違ってきますので、
まぁいいでしょ。

最初の1ヶ月はあんまり減らなかったんですが、
2ヶ月目からは中村俊輔のFKばりの急降下。
なんでも結果が出るとノリノリになるもんで、
もう体重計に乗るのが楽しくて仕方がない毎日です。
携帯体重計が欲しいです、あるんなら。

それでも、我慢ばかりしてるとストレスなんで、
たまにはポテチとアイスも食べながらがんばろう、と
どこまでも自分に甘い私です。

2010.06.22 | コメント(3) | トラックバック(0) | ランニング!

2010W~vsオランダ~

日本 0-1 オランダ

世界最高峰のサッカーが見れるのはチャンピオンズリーグだ!
という人たちがいます。
もしくはヨーロッパ選手権(EURO)という人たちもいます。
優れた選手はヨーロッパのクラブチームに集まりますし、
世界ランキングの上位を占めるのがヨーロッパの国々ですので、
そういう見解になるのでしょう。

まあ、それはそれでいいです、べつに。
でもやはり、私はWcupが世界一のサッカーイベントだと思います。
ヨーロッパに加えて、ブラジル、アルゼンチンの南米、
北中米、アフリカ、アジア、中近東、その他さまざまな国々が、
国の威信をかけて、国の誇りをかけて戦うWcup。
これだけ世界を熱狂させるイベントは他にありません。
いや、オリンピックもありました、すみません。

Wcupではいろいろなことが起きます。
思いがけない大番狂わせ、Wcupで花開く才能、「神の手」のような伝説。
なかでも優勝候補が格下相手に負けてしまうドラマは
Wcupには欠かせないシーンです。

6.19。
日本がそのドラマを創り出すのでは、
と日本国民は期待していました。

結果は残念でしたが、
大健闘ではないでしょうか。
後半は世界ランク4位のオランダを、
イケイケの攻撃で押し込め、
互角の試合を展開しました。
気持ちで負けてなかった、
闘志が溢れていた、
負けて悔い無しの試合でした。

この調子ならデンマーク戦は
良い結果が出る予感がします。
悲観する必要はありません。
切り替えて行きましょう。
そして24日、
今度こそ世界を驚かせてやりましょう!
がんばれ、ニッポン!

2010.06.19 | コメント(5) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。