社長ブログ

人生は重荷を負うて階段を登るが如し。

息子よ、
人生は重い荷物を背負って登り坂を歩くことなんだよ。

DSCN2415_convert_20100615161326.jpg

その登り坂は、
砂利道だったり、
水たまりがあったり、
でこぼこだったり、
大きな穴があいてたりするんだよ。

しかも月日が経つにつれて、
どんどん荷物が増えていって、
その重さが背中にのしかかって、
捨てたいけど捨てれなくて、
歯を食いしばらなければ
歩けないくらいになるんだよ。
中には途中で歩けなくなる人もいるのが
人生なんだ、息子よ。

でも急がなくていいんだよ。
ゆっくりゆっくり歩いていけばいい。
上を向いて歩いていれば乗り切れるから。
そしてどんなに重くても
荷物は捨てちゃいけないよ。
その荷物は君の宝物だから。

それでも疲れたら、
立ち止まって一休みしなさい。
そしてハトでも眺めなさい。

DSCN2418_convert_20100615161509.jpg

どうだ、平和だろー。
クルックー。

2010.08.30 | コメント(5) | トラックバック(0) | 家族とか。

Radio Days

相変わらず寝苦しい夜が続きます。
暑くて暑くていつまでも寝付けません。
次の日に備えて早く眠らなきゃならないのに、
暑くて暑くて布団の上でもがいています。

見えない「暑さ」という敵と闘っていると
気づけばAM1:00。
気分転換に何気なくラジオを・・・、
「オールナイトニッポン」がやっていました。

おぉ!・・・懐かしい・・・久々に聴いた・・・あの頃の記憶が甦る・・・

高校生の頃、
自室の机の前に座って、勉強するぞ!と発奮するのも束の間、
ラジカセのスイッチをON!
予習復習そっちのけでラジオを聴いていたラジオ大好きBoyでした。

夜の10時からは大阪MBSの「ヤングタウン」。
ラジオを窓際に持っていき、方角を合わせて
ノイズが入った放送を我慢強く聴いていました。
明けて1時からは「オールナイトニッポン」。
あの頃の全曜日のパーソナリティは全部覚えています。
特に木曜日のビートたけしさんは毎週欠かさず拝聴。
腹が痛くなるくらい笑って、
笑いすぎて死んじゃうんじゃないかと心配したほどです。

DSCN2701_convert_20100820150839.jpg
 〈ビートたけしのオールナイトニッポン!のネタ本〉

RSCN2704_convert_20100820150919.jpg
    〈初版です。今では価値があるかな!?〉

FMでは土曜日の15時からやっていたNHKのリクエスト番組が好きで、
気に入った曲をカセットテープに録音するために、
ラジカセの前で録音ボタンと再生ボタンを同時に押す作業に没頭していたことを覚えています。

「いつごろから聴かなくなったのかなー、ラジオ・・・、
 車を運転しているときたまに聴くくらいだよなー、
 あっ、土曜の夕方にやっている
 『サタデーウェイティングバー・アバンティ』は面白いな!
 スタンがイイ味出してるんだよな~。
 ラジオドラマなんかもあったなー、
 良く聴いたよ、うんうん。
 そういえばあの頃はハガキも送ってたなー、
 オールナイトニッポンに。
 1枚も読まれなかったけど・・・
 ・・・・・・・・・・・・・」

なんかそんな事を考えていたら
いつの間にか眠っちゃってました。

まあ、ラジオは楽しいね、
っていう思い出話。

2010.08.26 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雑文です。

ダイエットマンの低迷。

そもそもダイエットって何?
っていう「そもそも論」。

食べたいものを食べれないという
過度のストレスを生み出すダイエット。
週3のジョギングや腹筋が辛くて苦しくて、
他人が食べてるソフトクリームが羨ましくて恋しくて。
なぜこんなにも厳しい試練に取り組まなきゃならないんだ!
ってゆーかなんで太っちゃうんだよ!
やっぱりカロリーが元凶か!?
この世からカロリーなんて無くなっちゃえばいいのにぃぃぃぃ!!

ふぅ、後ろ向きな発言をしてしまった。
ダメダメ、それじゃ。
無心で取り組もう!

そんなわけで、
ダイエット生活4ヶ月が経過しました。
さぁ何kgだ!

RSCN2709_convert_20100822224613.jpg
            〈完全にスランプ・・・大スランプ・・・〉

おー、78.8kg!
先月と変わらずぅ~。
結果出ねぇ~。
でもファイトォ!ケンジィ!

2010.08.23 | コメント(2) | トラックバック(0) | ランニング!

甲子園、想うこと。

成功体験から学ぶことって多いです。
達成や勝利したことから得られた仕組みとかヒントを活かして、
次の新しい試みがスムーズに進むことがあります。
ですので、成功することって大事なことです。

でもそれ以上に、
失敗することや負けることが大事だと思います。

負けることは、成長に欠かせない経験です。
負けるからもっともっと努力するし、
負けるから次の目標のために頑張れるし、
負けるから人の気持ちが分かるようになるんです。
負けて味わう悔しい気持ちが
人間としての幅を大きくするんだと思います。

スポーツっていうのは優勝チーム以外は
すべて負けを経験します。
県大会で優勝しても、全国大会で負けてしまいます。
全国の1チームだけが勝利によって成功体験を掴み、
残りの何千というチームが敗北によって失敗体験を得ます。

そういった意味で、
スポーツは素晴らしい経験を教えてくれる学問だと思います。

福島県代表・聖光学院のみなさん、ご苦労様でした。
ガッツあふれる諦めない野球からいろいろ教えてもらいました。
福島県民で良かったです、ありがとうございました。

この敗戦が、聖光学院野球部を更に成長させるでしょう。
楽しみです。
そして福島県大会で敗れていった87校も成長していきます。
これも楽しみです。
各校が切磋琢磨しレベルアップしていけば、
案外、福島に優勝旗が来るのはすぐかもしれません。
最高に楽しみです。

ちなみに、
私はいろんなことに負けてばっかりいて
負けることに麻痺しちゃっています・・・、
やばいっス。

2010.08.19 | コメント(4) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

真夏のドラマ。

やはり「守備」ですね。
ディフェンス力が高いことが一番大事です。
小さなミスは連鎖します、
そして気づいたときには大逆転が起きているんです。
悔やんでも悔やみきれないミスから生まれる真夏のドラマ、
そんなドラマからやっぱり目が離せません・・・。
あっ、すいません、唐突に、
高校野球の話です!

仙台育英と対戦した開星の
なんでもないセンターフライを落球してしまった9回の守備。
厳しい練習でノックをうけ続け、基本を叩き込んでいるにもかかわらず
ああいうことが起きるんです。
100回に1回のミスが起きてしまうのが甲子園なんです。
甲子園に憧れてそこを目指して野球に打ち込んできた少年たちに、
冷静に普段通りの野球をすることは難しいです、おそらく。
ましてや守りきれば勝つ状況の最終回の守備なんて、
フワフワするもんでしょう、普通。
ただ、勝つチームはそこで踏ん張れるんです。
その踏ん張りの差が明暗を分けてしまうのも確かです。

開星のセンターの選手には辛くて悔いの残る試合だったでしょう。
でもこれからの人生だって失敗はたくさんありますよ。
その失敗から何を学ぶかが重要なんです。
まあ、私なんかが言わなくても
へこたれないガッツを持っているでしょうから、
これからも笑顔でがんばってくださいね。

そしてその裏の仙台育英のファインプレイを見るにつけ、
やはり守備力が最重要なんだと実感してしまいます。
福島県代表・聖光学院がベスト8に進出したのも
守備力の高さゆえです。
2試合ともノーエラーは素晴らしいことです。
ここまでくると、次も!と期待が高まります。
ぜひ全員野球で守り勝ってください。
福島県民も全力で応援します!

と、野球のやの字も知らないド素人が
エラソーに語ってしまいました、
失礼しました。

2010.08.17 | コメント(9) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。