社長ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

習慣サンデー

電車好きのうちの息子(まー)。
毎週日曜日は用事がない限り、
男同士で電車の旅です。
(もちろん先頭車両が定位置)

妻にゆっくり休んでもらうためと、
(でも結局、掃除や買い物やなんのかんので休めない!と言っていますが)
まーの抱っこを独占したいがためです。
〈三人で出かけるとママにばっかり抱っこをせがみ、パパに抱きつこうとしません・・・)

3週間前は阿武隈急行に乗って梁川希望の森公園へ行き、ミニSL体験。
(駅中のそば&餅屋はベリーグー!)

2週間前は東北本線(上り)に乗って二本松駅へ行き、駅前散策。
(駅前の居酒屋ランチはデリシャス!)

そして先週は東北本線(下り)に乗って白石駅へ。
(白石名産の温麺を食べ損なったー)

DSCN2831_convert_20101027153953.jpg
           (白石城まで行ってみるかー!〉

お城まで600m位なんですが、
ふざけながら歩くので30分もかかっちゃいます。

DSCN2832_convert_20101027154043.jpg
          〈ご覧の通り、普通に歩きません・・・〉

やっと到着。
ちなみにここまで抱っこのおねだり無し・・・。

DSCN2833_convert_20101027154135.jpg
          〈なかなかのこじんまりとしたお城でした〉

代わりにソフトクリームのおねだり・・・。

DSCN2836_convert_20101027154224.jpg
            〈行く先々でソフトが定番・・・〉

結局最後まで自分の足で帰りました。
マイガッ!抱っこカモーン!

スポンサーサイト

2010.11.30 | コメント(6) | トラックバック(0) | 家族とか。

多田文庫の100冊(4冊目)

「とんび」 重松清 角川書店

DSCN2903_convert_20101118163153.jpg
        〈この帯を見てください!イクメンのバイブルです、これは〉

小さい男の子を持つ全てのパパたちへ、
今すぐ本屋に行って
この本を買ってください。
以上。

・・・で終わっちゃ乱暴なんで、
ちょっとだけお話を。

いかにも昭和の下町の親父・ヤスさんとよくできた一人息子のお話なんですが、
この手のお話が得意中の得意なんですね、重松さんは。
笑って泣けてしみじみさせる重松節に涙が止まりません。
二人を見守る周囲の人たちの優しさ、厳しさにも胸打たれます。

読んだときは、うちの息子は妻のお腹にいたときでしたので、
もう早く子供の顔が見たくて!
生まれてきたら何して遊ぼう、何を教えてあげよう、たくさん思い出をつくろう、
と想像を巡らせていました。

DSCN2904_convert_20101118163248.jpg
          〈裏の帯もお読みください。もうダメ、また泣きそう〉

重松清さんは非常に振れ幅の大きい作家で、
「疾走」のような救いようのない世界観も書けば、
「とんび」のような愛に満ちた作品も書きます。
人の悪意と善意を見事に映し出し、深い余韻をつくりだす作家です。

ちなみに、
小さな女の子を持つパパには「ステップ」(中央公論社)を。
お子さんを持つママには「かあちゃん」(講談社)を。
いずれも重松さんの作品です。
ぜひ読んでみてください。

2010.11.27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 本や音楽など!

スコアは二の次です・・・

何を隠そう形から入るタイプです、私は。
別に隠してませんでしたが・・・。

勉強するときもテキストを完璧に揃えないと気がすみません。
それで満足して終わってしまうのですが・・・。

仕事をするときも机の上を整理し、準備万端整えないと取り掛かれません。
そんなことに小一時間かかってしまうのですが・・・。

だからゴルフをするのも練習よりもまずは道具を揃えます。
道具といっても小物です。

こんなんです。

DSCN2898_convert_20101117105340.jpg

アフラックのクリップマーカー。
コンペで飛び賞商品としていただきました。
かわいいです。
グリーンにダックちゃんを置きたくてナイスオンを狙っています。
ですのであえてチップインをしないようにしています、あえて・・・。

次は、

DSCN2899_convert_20101117105432.jpg

オークリーのデボットリペアー。
上の部分はマーカーにもなっています。
これを使いたくて高~いアプローチを打っています。
決して体重移動ができなくてアッパースイングになっているわけではありません・・・。

最近オークリーにはまってまして、
キャディバッグも欲しいです。
お小遣いから毎月5000円ずつ積み立てて、
来春に購入したいと思ってます。

というわけで、私は
こんな道具にこだわるゴルファーです。
決してスコアにはこだわってません。

ええ、強がりです。

2010.11.24 | コメント(2) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

泰然自若。

同年代の仲間と飲むのは楽しいです。

辿ってきたものや
触れてきたものや
経験してきたものが
似てるからでしょうね。

DSCN2908_convert_20101120160505.jpg
〈左からけんちゃん41才、くりちゃん38才、じゅんちゃん39才、こうちゃん39才〉

この日の話題は、
中合のゲームセンター、コルニエツタヤの貸レコード屋、大町パルコ、
サンキョウ、ロッテリア、タカQ、ザ・らんど・・・etc。

懐かしのお店あるあるのオンパレードでした。

ただ話していて残念なのは・・・、
私が一番年上なのですが・・・、
一番落ち着きがなく・・・、
はしゃぎすぎ・・・、
なことです。

みんな大人です。
泰然自若としています。
私だけです、
酔っ払ってダブルピースサインをしているのは。

なんとも・・・。

2010.11.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | ともだちとか。

お上の事情で、

わが楽天ゴールデンイーグルス。
来年は闘将星野監督が率います。

理論派ノムさんから
フレンドリーなブラウンさんを経て
鉄拳制裁の星野さん。

監督が替わると方針が変わります。
毎年毎年、練習方法や戦術や起用法が変わります。
前監督に重宝されていた選手も
新監督に認められなければ活躍の場も与えられません。
まあそれはプロの世界ですからしょーがないとしても、
トップが替わることで選手もチームも向上すればいいんですが、
その逆もあるわけです。
誰もが認めるトップクラスの選手以外は、
監督が替わることでチャンスを得る場合もあるし
モチベーションが下がる場合もあります。
選手は上司を選べません。
選手を成長させるのも潰すのも監督次第です。

その監督が1年そこらでコロコロ替わるのってどーなんでしょーね。
それってフロントや球団社長の目がふし穴だってことですよね。
ビジョンとか先見力の無さが選手を戸惑わせる要因なのであれば、
責任は監督じゃなくてフロント上層部にあるんじゃないですかね、
って思った話です。

でも星野監督が就任して、
否が応でも期待!
来年は応援に行きまくります!
結局楽天が好きっ!

追記。
岩村選手が楽天に来る~。
松井稼頭央も来るかも~。
でもクルーンはいらないっすよ~、星野さん。

2010.11.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。