社長ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

I’m Delivery Man

気持ちいい人たちに会うと、気持ちいいです・・・、
もとい、
心根が優しい人たちに会うと、心が浄化されます・・・、
・・・要するに、
人に親切にされると、うれしくなって、
今度は自分が人に対して親切にしたくなる、ってことです。

当社はガソリンスタンドもやっています。
私も軽油や灯油の配達に行くのですが、
先日、配達中に・・・・、

・・・ぬかるんだ泥地にローリー車がはまってしまい、
タイヤが空回りしていたところ、
近くの工事現場からバックホーがやってきてくれて、
牽引してくれました。
途方に暮れていたので、すごくうれしかったです。

SN3P00020003_convert_20110204132124.jpg
       〈これがローリー車。オレの相棒。もうはまるなよ!〉

同じ日に、
配達先の灯油タンクにローリー車のホースが届かず、
ポリ容器に灯油を入れ、人力でピストン輸送していたところ、
お客さんが往復を手伝ってくれました。
感謝、感謝です。

小学校に灯油配達に行けば、
子供たちが興味津々でいろいろ聞いてきます。
幼稚園ではバイバ~イと手を振ってくれます。
お客さんからご苦労さま、ありがとう、と声をかけてもらいます。
一日配達していると、いろんなお客さんと会って、話ができて、
たくさん善意や優しさに出会います。

もっともっと人のために・・・、
もっともっと喜んでもらえるように・・・、
といった気持ちで、
Delivery Manは
今日も安全運転で走ります。

スポンサーサイト

2011.02.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑文です。

多田文庫の100冊(5冊目)

「ザッポスの奇跡」 石塚しのぶ 東京図書出版会

SN3P0004_convert_20110209181537.jpg

ザッポスは靴の通販ビジネスで成功をおさめたアメリカの企業です。
ザッポスのコンタクトセンターにはマニュアルがありません。
もちろん受け答えのスクリプトもありません。
お客様への対応は担当者の判断に任されています。

必要だと思えば何時間でも話をし、
必要だと思えば競合サイトを検索しどこで買う方が安いかを教え、
必要だと思えばいたずらでかかってきたピザ宅配の手配にさえ近隣のピザ屋を調べてあげる、
そうです。

全ては顧客を満足させるため、
「WOW」と言わせるため。

ザッポスはどんな会社ですか?という問いに
「たまたま販売業を営んでいるにすぎない『サービス・カンパニー』です」
とスタッフは答えます。
「人に幸せを届ける」意識が
経営陣からスタッフまで全員に
行き渡っている企業なんです。

そして高い顧客満足と同じくらい
従業員満足が高いことも特筆です。
スタッフの個を活かし、それぞれが主役になれる会社。
そういった企業文化とサービス文化の軌跡と奇跡に
溢れた本です。
必見です。

私も「お客様第一」とか「高品質なサービスの提供」とか
聞こえのいいことを言いいます
口ではいとも簡単に言えるんです。
でもそれを本気で実現する情熱や仕組みが足りないと
この本を読んで気づきました、
というか気づいてましたが改めて意識させられました。

胸を張って「共進はサービス・カンパニーです」と言えるよう、
私が高い向上心を持って率先垂範すること、
そしてスタッフに能力を最大限に発揮してもらうために
私がスタッフに対してできることに
取り組んでいきます。

まずはいろんな言い訳を用意して課題を先送りにしてしまう
私の身体に宿っている弱い意志・・・、
これをやっつけます。

2011.02.21 | コメント(6) | トラックバック(0) | 本や音楽など!

さようなら、202号。

202号と別れました、
4年間住んだアパートの話です。

当然4年間も暮らしていると愛着がわくもので、
主に新聞勧誘員と押し問答した玄関、
息子が転げ落ちて鼻の頭を切った階段、
SN3P0012_convert_20110213220510.jpgSN3P0011_convert_20110213220447.jpg

家族の憩いの空間だった対面式キッチンや
建てつけが悪く閉めるのにイラッとした窓、
SN3P0005_convert_20110213220425.jpgSN3P00020003_convert_20110213220536.jpg

親子3人でギュウギュウになりながら入ったお風呂・・・、
SN3P0008_convert_20110213220342.jpg

全ての部屋にエピソードがあり・・・切ない別れとなりました・・・、
・・・次の日からは気持ちも一新されましたけど・・・、、、

今まで何回引越ししただろう、
と数えたら、12回。
高校卒業後、
埼玉県新座市から始まった独り暮らしは
引越し11回目からは妻と二人暮しになり、
12回目途中からは息子が生まれ3人暮らしとなりました。

引越しの都度、
必要最小限のものだけを持っていくようにしている私ですが、
やはり家族が増えると捨てきれないものもでてきて、
「きっぱり捨てる派」の私をもってしても、
相当数の荷物になりました。

また、思いがけない懐かしいものが出てきたりするのも
引越しの醍醐味です、大げさですけど。
写真とか手紙とか、
保管していたことを忘れていたものが出てくると、
つい見入って、当時のことを回顧し、
最終的には「幼稚だった自分を反省する」ことで終わります・・・。

それはさておき、
今回13回目の引越しで遊牧民生活はピリオドです。
これからは、
倍々ゲームのように増えていくであろうおもちゃや日用品と同じくらい
楽しくて豊かな時間をもっともっと増やしていきたいです。

それでは202号、
次の借主は、壁に落書きしたり、がびょうで穴を開けたりするような
乱暴な人じゃないことを願っています。
お世話さまー。

2011.02.16 | コメント(16) | トラックバック(0) | 雑文です。

From P To M

息子(まー)が生まれて、2年4ヶ月が過ぎました。

DSCN2144_convert_20110121133616.jpg
  (最近こんな顔がお気に入り。本人はニコーっとしてるつもりです)

まだまだおむつがとれず、
夜寝るときもママのおっぱいがなければ眠れません。
甘えん坊で泣き虫で、
でも優しいところもあります。
たくさん言葉を覚えてきて、
機関銃のようにしゃべりまくります。

DSCN2145_convert_20110121133705.jpg
          〈誰の足跡も無い雪を歩く快感!〉

私は子どもが好きですので、
まーが生まれた時はものすごくうれしかったです。
私の胸の中で眠るまーが可愛くて。
初めてハイハイした時、立って歩いた時、
言葉を発した時、パパと呼ばれた時・・・。
2年半でたくさんの喜びをもらいました。
これからもたくさんの喜びや楽しみを
一緒に育めればいいなーと思います。

私が40歳のときの子なので、
まーの成人式と私の還暦が一緒になります。
私は35で結婚したので、まーも晩婚(?)だったら
孫の顔は見れないかも・・・なんてことも考えちゃいます。
しっかりと支えてくれる女性を見つけて幸せになってくれれば
それでいいですが。

人に迷惑をかけないで幸せな人生をおくれるだろうか、なんて、
私自身、両親や妻、周りの方に迷惑ばかりかけてきたので調子が良すぎますが、
心配の種は尽きません。

DSCN2136_convert_20110121133527.jpg
          〈早速パパの助けがいるか?〉

もしいろんなことで迷ったり、後押ししてほしいことがあったら
相談してほしい。
一緒に悩んで考えるパパでいます。

これからもよろしく。
 
なんか、惜別の言葉みたくなってしまいましたが、
まーへラブレターを書いてみたかっただけです。。。

「なんて親バカな男なんだ!!!」
みなさんの声が聞こえるような・・・、
気のせいかな・・・。

「ブログ使ってラブレター書くな!」
確かに皆さんの声が遠くで・・・、
いや、空耳だな・・・。

では。

2011.02.11 | コメント(9) | トラックバック(0) | 家族とか。

僕らの音楽 track3

FMのDJの英語が聴き取れません。

車の中でFMを聴くのが好きなんですが、
いわゆるハーフとかクォーターとか帰国子女とかのDJが、
洋楽の曲名とアーティスト名を紹介すると、
まったくなんて言ってるか聴き取れません。

それまではバリバリの日本語でしゃべっているのに、
いざ曲名とアーティスト名になると
がっつりネイティブ言語で発音し、
この曲いいな~、と思っても、
曲名とアーティスト名が聴き取れないので、
探しようがありません。

困っています、憤っています。

妻に言わせると、
私の耳(ヒアリング)が悪すぎるんだ、
ということなんだそうですが、
百歩譲ってそうだとしても、
ここは日本で、公用語は日本語なんだから、
日本人に分かるように発音するべきではないんでしょうか。

年々ネイティブ言語化は激しさを増している印象で、
もっともっと聴き取りづらく発音してやろうか!的な
DJ側の、いや制作サイドの
『なんかこの方がかっこいいでしょ、FMはスマートでスタイリッシュじゃなきゃ!』
みないな自己満足が感じられます。

よってFM各位には、改善を求めたいと思います。
もっとカタカナ的な発音で、
オネガイイタシマス。

前段がすごく長くなってしましました。
今回のアーティストは、
BOZ・SCAGGS。

110131_1428~01
     〈AORといえばこの人!見た目もダンディ~〉

バラードといえば彼。
「We’re All Alone」は、
バラード好きの日本人にはたまらない定番のラブソング、
クラクラしちゃいます。
独りの時間、目を閉じてじっくり聴きたい名曲です。

ちなみに、
これも私的には、
ボズ・スキャッグスの「ウィ・アー・オール・アローン」です。
カタカナ スキ!

2011.02.06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 本や音楽など!

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。