社長ブログ

袋小路からの脱出!

人間だから行き詰まりますよね、日々。

勝手に深く考えすぎちゃったり
複雑にしすぎちゃったりで袋小路にはまりますよね、日々。

そんな袋小路からの脱出法はいくつかあります。

それはキャッチボール。

110521_1311+01_convert_20110523142406.jpg
       〈たしか松坂モデルと言われて買ったような記憶〉

ずいぶんと安上がりでしょ。
でもボールを無心に投げ込んでいると目の前がひらけてきます。

投げ込むお相手は元ソフトボール部の妻。
キャッチボールパートナーとしては申し分ありません。
テンポよく、しかもほぼ正面にボールが返ってくるので
リズムが生まれて気持ちいいです。
さらにこちらもいい返球をしたくて集中できます。

身体があったまってくれば
大きなフライやゴロを投げあったり。
ちょっと難易度の高いゴロを
中日の井端やヤクルトの宮本になりきってさばいたときの快感たるや!
「まだまだ、できるぜ、おれは!」と
まるで若手の台頭に奮起してパフォーマンスがグンッとアップした
ベテラン選手ばりのモチベーションがうまれます、はい。

汗をかいた後はモヤモヤがハレバレ。
侮るなかれ、キャッチボール、です。

110521_1329+02_convert_20110523142428.jpg
    〈早く息子とキャッチボールがしたい!というありきたりな夢〉

一人ぼっちのときは壁あてです。
でも先日、自宅の二階ベランダの壁に投げていたら
妻にこっぴどく叱られ、テンションDownでモヤモヤが倍増・・・。

そんなときはまた別の脱出法を試みます。
2つ目の脱出法はまた今度。

2011.05.30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑文です。

手と手。

私が住む笹谷に、原発付近からの避難者のための仮設住宅が建設されました。
26,000㎡の敷地に182戸、浪江町の方々が避難してきます。

先日、福島・浪江自治体の方々からの説明がありました。
建設までの経緯、134戸・300名位の入居が決定していること、
福島県で24,000戸ほどの仮設住宅(借上住宅も含めて)が必要なこと、
福島市では1,079戸を建設することなどを聴いた後、
住居を見学しながら設備などの説明も聴きました。

DSCN3191_convert_20110525084226.jpg
          〈地域の町内会や市議の方たちと見学〉

決して広いとはいえない住居内ですが、
必要な家電は装備してありました。
まずはこの地を再生のための拠点として、
少しでも穏やかな気持ちで生活できるよう願っておりますし、
私たち地域住民も一緒になって再建に尽くしたいと思います。

DSCN3190_convert_20110525084131.jpg
        〈運送会社の方たちが家電設置をしていました〉

その後、福島の自治体の方々と町内会員で懇談。
以下は自治体からの報連相と町内会からの要望の詳細です。

自治体:浪江町の小学生たちは笹谷小学校には入学できない、
教育委員会で決定しているとのこと。
具体的な理由は分からない。

町内会:笹谷には空いている教室がいくつもあり、
仮設住宅地からは笹谷が一番近いので、
子供たちのために入学できるようにしてほしい。

遠くの学校に入学することになった場合は、浪江町でスクールバスを手配するそうです。
仮設生活が長引く場合も想定し、笹谷での生活に早く馴染んでもらう意味からも
地元小学校に通えたほうがいいと思います。
学校が違っては、近隣の子供たちと浪江町の子供たちの交流もすすみません。
教育委員会の考え方にズレを感じます。

自治体:仮設住宅内で住民組織を作る考えがある。
あくまで浪江町民なので、福島市の住民自治はあてはまらない。
ただ、同じ地域に住むのだから、笹谷町内の方々とは交流をしてほしい。

町内会:交流はもちろん考えているが、
どういった関わりをしていけばいいか戸惑っている部分もある。
双方の自治会の関係をスムーズにするように、
自治体が間に入ってもらわないと。

自治体としては、ごみ処分や路上駐車などの生活ルールは関与するが、
その他のことは地域でなんとかしてください的なスタンスで投げてきました。
もちろん私たちも浪江の方々を歓迎していますし、良好にお付き合いしたいと思っています。
笹谷に来て後悔した、と感じてほしくはありません。
ですので、どのような付き合い方をしていいか町内で話し合っているのですが、
いかんせんこのような経験は初めですので戸惑っています。
だから自治体にリードしてもらいたいのですが、なにか逃げ腰気味。
受け入れた以上、私たちと一緒に考え行動してくれる覚悟を持ってください。
まずは浪江町がリードし住民組織を作ってもらい、
自治体、笹谷・浪江のみなさんで顔合わせができれば、次に進めると思います。
早急な対応をお願いします。

それと、浪江町役場の出張所を仮設住宅地内に作ることはできないのでしょうか。
笹谷周辺の別の仮設住宅に入居する浪江の方々を合わせれば、相当数の方が住みます。
現在浪江町役場は二本松に移転されており、職員も少なく、手が回らないとのことですが、
情報共有やケアを考えれば、職員が常駐していた方がいいと思います。
職員が足りないというのであれば、福島市が手伝ってあげればいいんじゃないですか。
市政、町政の垣根はこの際超えて、できない理由を言わないで、
使命、覚悟をもって県内で支えあいましょう。
受け入れるということは
そのくらいの責任があるということです。

自治体、地域を問わず、来る方も受け入れる方も不安というのが正直な気持ちだと思います。
ですが、その不安はみんなの前向きで利他の気持ちが解決するものだとも思います。
これから何年かかるか分かりませんが、
浪江の皆さんと手と手をとりあって豊かな未来をつくっていきたい気持ちです、
宜しくお願いします。

2011.05.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑文です。

僕らの音楽 track4

今回ご紹介するデイブ・マシューズ・バンド、
彼らはなかなかやりますよ、
上から目線で失礼しますけど。

DSCN3164_convert_20110511091430.jpg

本国アメリカでは人気なんですが日本ではサッパリ、なようです。
サックスやバイオリンやフルートを取り入れたサウンド、
デイブ・マシューズのちょっと高音のボーカルとアコースティックギター、
ロック、ジャズ、ブルース、フォーク、レゲエと
いろんなジャンルの音楽が詰め込まれている感じで、
聴いていてなかなか心地いいバンドです。

そんな彼らのアルバム「Under The Table & Dreaming」の中から
お勧めの1曲は「Ants Marching」。
アコースティックギターとバイオリンの音色がかっこよくて、
なかなかの名曲です。
特にデイブ・マシューズのアコースティックギターは超絶技です、
って私はギター弾けないんで分からないですが、
他のファンがそう言っていますので間違いないと思います、
受け売りですみません。

彼らを知ったきっかけはMTVのビデオクリップ。
映像と一緒に曲を聴くと印象に残りますよね。
特に80年代の曲を聴くとビデオクリップまで思い出します。
ベストヒットUSAやMTVをビデオに録画して
繰り返し見ていました、懐かしい!

最近は昔の洋楽しか聴かなくなっちゃいました。
聴きながらその当時のことを懐かしんで
ノスタルジーに浸っている次第です。
新しい洋楽に食指が伸びません、
完全に音楽脳の退化ですけど
まぁいいでしょ。

2011.05.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本や音楽など!

多田文庫の100冊(6冊目)

「刑事魂」 松浪和夫 講談社

DSCN3163_convert_20110511091343.jpg
               〈タイトルが直球!〉

いやいやいやいや、すごい警察小説です。

県警本部長の娘が誘拐されちゃって、
解決のために最前線で捜査するのがその本部長から左遷させられた刑事・三島。
正義と信念の魂を持った三島が次第に警察内部から孤立しながらも犯人に立ち向かう!

警察小説には一家言持っている私ですが、
もう度肝抜かれちゃいました。
基本ラインはよくある誘拐物ですけど、
その表現力、キャラ設定が優れていて、
重厚な読み応えです。
もはや「マークスの山」も「半落ち」も「警官の血」も超えました。
新たな警察小説の金字塔、
そのくらい興奮に満ちた作品です。

こんなにも褒めちぎる理由はもう一つあって、
舞台が福島市、福島県警なんです。
ですので、福島の名所が数多く出てきます。
誘拐犯が指定する受け渡し場所がまさかのあそこだったり!
福島市民ならおなじみの
あそこもここもあんなところも出てきます!
施設名なんかは変えてありますけど
福島市民なら100%分かります!
五月町の一方通行の描写なんて
元住民の私にはたまりません。
場所を知ってるだけに3D感覚、
そんなところも楽しい一冊です。

作者の松浪和夫、ノーマークでした。
他の作品も読んでみます。

いやいやいやいや、興奮冷めやらず、です。
だから警察小説はやめられない。
もっと、もっと警察小説をくれ!

2011.05.20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 本や音楽など!

Mr.ボギー  ニュー パートナー!

「赤シャツにシングルなし」

一昔前のゴルフの格言です。

派手な服装や高級なゴルフセットに腕前がついていかず、
見掛け倒しかいっ!
ということみたいですが、
今は違います。
みんなおしゃれで腕も確かな人が多いです、
若干1名を除いては。

その1名が私であることは
勘のいいみなさんならお分かりでしょう。

以前、
背中にゴシック体で「ITARY」とプリントしてあるペラペラなウエアで
ゴルフをしていた私ですが・・・、

ええ、もちろんKOREA製でITARY製ではありませんが、
ええ、もちろんみんなに失笑されましたが・・・、

・・・最近はゴルフウェアにも気を使い始め
分相応の範囲内で着飾っている次第です。
そして調子に乗ってキャディバッグも買っちゃった私です。

DSCN3121_convert_20110430090039.jpg
      〈ママに6回払いの借金をして購入。取り立てがキツイ〉

よせばいいのにシングルなしの赤色です。
ちょっと派手かな―、
と購入するまでずいぶん躊躇してたんですが、
思いきっちゃいました。

シングルは夢のまた夢のさらに夢ですが、
そこに近づく心意気で
ニュー パートナーとがんばりたいと思ってます。
よろしく、相棒。

そして、
13年間付き合ってくれたキャディバッグ。
楽しい思い出がいっぱいです。
下手な僕に我慢強く付き合ってくれて、ありがとう。
上手くなって恩返しするよ!
イェイ!

2011.05.16 | コメント(2) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。