社長ブログ

Running Man VS 伊達ももの里マラソン大会

2011.8.28(日)
第51回伊達ももの里マラソン大会

DSCN3484_convert_20110829152706.jpg
              〈総参加人数4,081名〉

DSCN3492_convert_20110829152906.jpg
        〈一般男子40才代の部10K参加人数442名〉

前日までの曇天が嘘のようにこの日は夏の日差し。
朝からもう暑い。参加者の熱気もすごい。
夏のマラソン大会は危険かも・・・。

私のスタートは9:55。
それまで入念にストレッチでも。

DSCN3487_convert_20110829152813.jpg
              〈息子は来年走るそうです〉

大会の雰囲気を楽しんだり、
ゴール前で子供の部を応援したりしてたら
あっという間にスタート時間。

DSCN3493_convert_20110829154215.jpg
〈10K60分以上に並ぶ僕。先頭は10K35分以内だって〉

DSCN3498_convert_20110829153136.jpg
        〈応援団長まー〉

DSCN3499_convert_20110829153223.jpg
            〈この暑さじゃファンランも命がけ〉

DSCN3495_convert_20110829153047.jpg
                  〈いよいよだ!〉

さあ、スタート!

暑くて最初の3Kはきつかった!
でも沿道からの地元の人たちの声援、
ボランティアの方たちの掛け声で
がんばれました、あざっす。

給水所スタッフの方々、ありがとうございました。
きゅうりやレモンや桃やスイカ、うまかったっす。
特に塩!うまかったっす。

折り返して7Kくらいからは落ち着いて走れました。
リズムに乗って疲れも感じずに。

残り1K、
高校生ボランティアの「ラスト1キロ!」の
声援とハイタッチで最後のひと踏ん張り!

ゴール前にはカメラをかまえる妻と息子が!

DSCN3511_convert_20110829153323.jpgDSCN3512_convert_20110829153411.jpg
                        〈まだまだ余裕っす。ほんとっす〉

ゴール!!
汗ダラダラかいて気持ちいい!
チョー気持ちいい!

1時間切れたかな!?最初もたついたからダメかなー!?
完走証をもらってタイム確認・・・。

DSCN3513_convert_20110829153500.jpg

110829_1402+01_convert_20110829152453.jpg

おかげさまで1時間をきれました!
うれしいです。
みんなで声掛け合って走るといつも以上の力が出ます。
ランナーっていい人たちだなー。

大会関係者、ボランティア、地元の人の応援にも感動しました。
おもてなしの気持ちに溢れた素晴らしい大会でした。
全国的にも有名な大会で、例年県外からも多くの方が参加するそうです。
でも去年は6,000人もの方が参加してくれたそうですが今年は4,000人。
来年はもっともっと来てもらえるか!?
野田さん、来年までには解決するかい?頼むよ。

地元の誇れるマラソン大会、
私は毎年参加して、
真夏の伊達を盛り上げたいと思います。
多くのご参加、お待ちしております。

そんなわけで、
初めてのマラソン大会も
無事に終えることができました。
そして一段とマラソンが楽しくなりました。
次の大会は10月の猪苗代ハーフマラソン。
9月にしっかり走りこんでがんばります。

2011.08.29 | コメント(6) | トラックバック(0) | ランニング!

Running Man ”ボディケア”

28日のマラソン大会に向けての練習は終了。
あとは本番までリラックス。
お気に入りのアロマをたいて、ホットヨガでストレッチを入念に・・・、
・・・しません。
そんなこたぁしません。
まぁ、こんな軽口を叩けるんだからリラックスしてるんでしょ、多分。

そのかわり体をマッサージに行ってきました。
走り始めてからしばらくは体のあちこちが痛くて。
そりゃあそうです、20年近くスポーツなんかしてないんですから。

通ってるのは飯坂線の美術館・図書館前駅前にある
「ナチュラル整体院」さん。

RSCN3402_convert_20110809141613.jpg
                   〈HPで検索してみてください〉

ここの先生、腕に覚えあり、です。
そしてルックスはソフトです、
仕事ぶりはハードですが。
スポーツ整体も専門なので、
いろいろ走りやストレッチのアドバイスももらえてお得です。
ぜひみなさんもどうぞ。

私は胸を張れるくらい体の固さには自信がありまして、
前屈や開脚なんか、ふざけてる?って注意を受けるくらい曲がりません。
でも走って、ストレッチして、マッサージして、を続けたおかげで
いい感じでほぐれてきました。
マッサージ後は体が軽くなります、
足取りも軽やかです。
そのうえ先生に骨盤矯正もしてもらったら
足の長さも揃いました、ホントに。

さあ、明日は本番です。
ベランダにテルテル坊主をぶら下げて
9時就寝です。

楽しみで寝れるか心配です。

2011.08.27 | コメント(3) | トラックバック(0) | ランニング!

Running Man ”誘惑”

いよいよ3日後に迫ってきた10kmマラソン。
気分も高まってきましたし、
調整も順調に進んでいます。
途中で歩くこともなく休むこともなく
完走できそうな感じがします。

大会に出ることで走ることがもっと楽しくなってきたら、
10月の猪苗代湖ハーフマラソン大会に挑戦しようと考えています。
そしてそれもクリアできたらいずれはフル。
来年になるか再来年になるか。
ただタイムにこだわると辛くなりそうなので、
しばらくはゆっくりでもいいから完走を目標にして取り組んでいこうと思います。

しかしまさか自分がマラソンをするとは思ってもみませんでした。
これからもどんなきっかけで何が始まるのか・・・、
まさかトライアスロンには挑戦しないとは思いますが。
なんせ泳ぎが苦手で息つぎでパニックになってしまうもんで。
まあ何をするにせよ、
色眼鏡で物事を見ないで、
フットワーク軽く取り組めるように
準備だけはしておきたいと思います。

と、優等生チックなこと書いときながら・・・、

走っている途中にミニストップ。

110809_2048+03_convert_20110824175106.jpg

そこには、触れれば容易く折れる心を持つ僕を誘う
魅力的なノ・ボ・リ。

110809_2048+01_convert_20110824175129.jpg110809_2048+02_convert_20110824175148.jpg

おいしそーだねー、いや、きっとおいしーねー。
少しだけ寄っていくかー、
ミニストップは店内で食べれるし。

巷には誘惑が溢れています。
そんな誘惑を押し返す強い心が売っていたら買います。
教えてください。

2011.08.25 | コメント(2) | トラックバック(0) | ランニング!

私が息子にできること。

妻と子供が山形で暮らし始めて2ヶ月がたちます。
妻の実家が山形ですので、そこで暮らしています。
おじいちゃんとおばあちゃんが一緒にいるので安心です。
息子もママと二人きりじゃないんで寂しくないと思います。

週末は山形まで会いに行きます。
車で1時間くらいです。
もうすぐ3歳になる息子は、会うたびに大きくなっている感じです。
おしゃべりも上手になって、いろんな言葉を覚えて、驚かされます。

玄関に迎えに出てくる息子を抱っこします。
息子は照れくさい仕草をします。
私はかまわず強く抱きしめます。
時にはチューもします。
このときばかりは息子もゲンナリな感じです。

朝から晩まで遊びっぱなしです。
お昼寝も一緒にします。
男同士、電車に乗ってバスに乗って
ただソフトクリームを食べるためだけに出かけます。
その間息子はずっとしゃべっているか、歌っています。
私は寡黙なほうなんで・・・妻に似たのか・・・。

この夏もたくさん遊びました。

DSCN3459_convert_20110822175106.jpg

DSCN3452_convert_20110822175014.jpg

DSCN3424_convert_20110822174913.jpg

一緒に遊べるときはおもいっきり遊びます。
お父さんとじゃないとできない遊びもあります。
会えない時間を取り戻すためにとにかく遊びます。

お父さんがいなくて寂しい気持ちになるときもあるみたい、
と妻が言っていました。
私が福島に帰るとき、息子は泣きはしませんが多少寂しそうな顔をします。
私は車中、泣きはしませんが、切ない気持ちでいっぱいになります。

とにかく笑顔になれる時間をつくってやりたいです。
笑うと幸せになります。
笑うことができれば、笑い飛ばすことができれば
人生は楽しい、ということを教えてあげたいです。

今年いっぱいは山形にいる予定です。
会える時間を大事にしていきます。

2011.08.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 家族とか。

この映画がスゴイ!vol.18

『逆噴射家族』
  1984年製作・日本
  監督 石井聰亙
  出演 小林克也、倍賞美津子 他

念願のマイホームを手に入れた家族が、
些細なきっかけで心の中に眠っていた狂気を爆発させてしまい、
誰にも止められない暴走が始まってしまう・・・、
と書くとなんか怖い映画みたいですが、
けっこう笑える映画です。

ATG(アート・シアター・ギルド)製作の映画です。
ATGは、1980年代頃活動した日本の映画会社で、
非商業主義的な、いわゆるアート系映画や芸術作品を製作・配給していました。
若手監督を積極的に採用し、森田芳光、大森一樹、井筒和幸、根岸吉太郎、相米慎二、大林宣彦など
日本映画界を担う人物を育成した功績を残しています。
作品のクオリティは総じて高く、
キネマ旬報ベストテンにランクインした作品も数多くあります。

私の1980年代は映画にどっぷりの時代で、
当時は日本映画のほうが好きだったので、
ビデオを借りてきてATGの作品を見まくりました。
中でも気に入ったのがこの「逆噴射家族」です。
石井聰亙監督の演出や映像はキレてます。
とても一般受けしない映画です。
でも映画監督を夢見ていた小生意気な私には、
しかもみんなとは映画の見方が違うんだよ、
と鼻持ちならない斜に構えたところがあった私には
そういったところが魅力で、
「予定調和じゃダメなんだよ、もっと映画を壊さなきゃ、その点石井聰亙はいいよ」
みたいな今では赤面必至なことをのたまっていたのでした、
あやまります、すみません。

この映画で映画初主演、確か演技も初体験だったと思いますが、
父親役の小林克也さんがいい演技してます。
母親が倍賞美津子さん、子供が工藤夕貴さんと有薗芳記さん、おじいちゃんが植木等さん。
それぞれの壊れかたのエスカレート振りが楽しい作品です。
ちなみに原作は「ゴーマニズム宣言」の作者の漫画家・小林よしのりさん。
なので笑えますし、怖くないって言いましたけどちょっとゾワッともします。
TUTAYAやGEOにあるかどうか・・・、見つけたらぜひ見てください。

さて、次回は・・・、
しばらく邦画を続けます。
角川映画を支えた薬師丸ひろ子さんの
青春映画最高傑作をピックアップ!

2011.08.19 | コメント(4) | トラックバック(0) | 映画も!

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。