社長ブログ

この映画がスゴイ!vol.22

『間宮兄弟』
  2006年製作・日本
  監督 森田 芳光
  出演 佐々木蔵之介、塚地武雅 他

30代になっても同居を続ける仲の良い間宮兄弟。
彼らの楽しい日常をコミカルに描いた心温まるお話。

逕サ蜒柔convert_20120125133312
          〈二人の母親役は中島みゆきさん〉

私世代の映画ファン、もしくは映画監督になりたかった若者に
大きな大きな影響を与えたのは森田芳光監督であったこと、
異論は無いはずです。

当時の映画作家を目指していた若者たちには
メッセージ色が強くて自分の内面をさらけ出すような
オリジナル脚本でのデビューを夢見ていた人が多かったと思います、
少なくとも私はそうでした。

そんななか、原作物を監督する、いわゆる職業監督の代表が森田監督でした。
かといってどの作品も、原作の世界観を逸脱したり雰囲気を壊して
原作ファンを怒らせてしまうということは無かったと思います、
宮部みゆき原作「模倣犯」以外は・・・。
その上で原作を超える森田カラーを放っている作品が多数あります。
「家族ゲーム」「ときめきに死す」「それから」「阿修羅のごとく」
「サウスバウンド」「黒い家」など全作品、
唯一「模倣犯」を除く・・・。

ほとんどが自身による脚本化なんですが、
その構成力の高さたるや。
映画界に衝撃を与えた「家族ゲーム」の演出たるや。
奇才にして時代の寵児であったことは間違いありません。

一時期はヒット作に恵まれませんでしたが
ここ数年の作品ではさすが森田芳光!といったものも多かっただけに
早すぎるお別れは残念でなりません。
改めてご冥福を祈ります。

私が一番好きな森田作品は
江國香織原作の「間宮兄弟」です。
30代独身、同居のこの兄弟、
二人で銭湯に行くし、ご飯を食べに行くし、レンタルビデオを借りにいくし、
野球中継を見ながらスコアカードをつけるし、
布団をくっつけて寝るし。
こんなに仲がいいとちょっと引くもんですが、
逆にうらやましくなったり楽しそうだなって感じたりします。
兄弟役の佐々木蔵之介さんと塚地武雅さんの演技力が優れていることもありますが、
森田監督の絶妙な演出力がなせる技だと思います。

そして森田監督は女性を撮るのも上手です。
この作品でも常盤貴子さん、北川景子さん、沢尻エリカさん、
みんな愛嬌があって可愛らしい。
他の作品の1.5倍可愛いです。

間宮兄弟の思いやりがあって優しくて、
なにより人生を楽しんでる生き方に
心なごみます。
幸せになれます。
人を幸せにしたくなります。
ぜひ観ていただきたい作品です。

それでは次回は・・・、
もっともっと心なごむ作品をピックアップ!

2012.01.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画も!

ヒサビサ、ザワザワ。

いつ以来か思い出せないぐらい
久々に風邪をひきました。
先週の木曜には体がザワザワしたので
会合を1時間で失礼し、
風邪の引き始めにはコレ!という必殺技、
「値段が高めのユンケルかゼナを飲んで
 布団にくるまって寝る!」
を実行。

120123_1416+01_convert_20120123151139.jpg

翌日、必殺技、不発。
依然ザワザワ。
夕方にはよくなってきた感じがするも
土曜日についに寒気、39度の熱、体の節々の痛み・・・。

インフルエンザかも、と病院へ。
鼻の穴に細い綿棒みたいなものを入れる検査に
痛すぎて嗚咽を漏らす42歳。
涙ぐみながら待合室で待つこと10分。
NO インフル。
よかった。
今現在、熱は下がりましたが
なんていうか・・・体の内部が痛い・・・。
なんだろ、これ。

たまたま帰っていた妻が看病してくれました。
感謝。
息子もホントは遊びたかったのに我慢してくれました。
ありがとね。

やっぱり当たり前っちゃー当たり前なんですけど
健康が一番、
ですなー。
みなさんも、お気をつけて。

2012.01.23 | コメント(4) | トラックバック(0) | 雑文です。

Mr.Kの挑戦状

トゥルルルルゥ、
トゥルルル、ガチャ。

「みなさん、ごきげんよう。
 コーヒはアリアリ、紅茶はナシアリの
 Mr.Kです。
 早速ですが私からミッションです。
 下の写真を見比べて2秒以内に違いを探しなさい、
 しかも2つね。」

逕サ蜒柔convert_20111214175848

逕サ蜒柔convert_20120118145621

「・・・はい、2秒過ぎました!
 では、答え合わせです。
 一つ目は星をかたどりました。
 電気屋さんのアドリブです。
 二つ目は色を入れ替えました。
 青色が信号機に見える、
 という意見を頂戴しましたので。
 いかがでした。
 チョーカンタンだったでしょ。
 でも次回からはそーはいきませんよ。
 今回はただの余興ですから・・・。
 じゃ、また忘れた頃に電話しまーす。」

ガチャ・・・ツー、ツー、ツー。

2012.01.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑文です。

多田文庫の100冊(10冊目)

「所得税入門の入門」
「法人税入門の入門」
「相続税・贈与税入門の入門」

逕サ蜒・001_convert_20120118084615


確定申告の季節です。
私も家を建てましたので
住宅ローン控除の還付申告をします。
今年は災害地の減免処置などもあり
例年にも増して混雑が予想されるでしょう。
還付申告の方はもう受付をしていますので
早目の申告が得策だと思います。

以前会計事務所に勤めていました。
そこで仕事を教えていただいた先輩から勧められたのがこのシリーズです。
「入門の入門」の言葉どおり、税を知る入り口としては最適な教科書でした。
というか、「入門の入門」とはご謙遜を!と言ってもいいほどの充実した内容。
このシリーズを読破すれば税について一通り語れます。

税金と一口に言っても
所得税や法人税など約50種類もあります。
中には人生であまり関わりがない税もありますが、
こんなにたくさんの税金が私たちの生活を取り囲んでいます。
これから人生を豊かに賢く生きていくには、
やはり税金について「知る」ことがとても重要なことだと思います。

会計士、税理士に任せているから、
なんてスタイル、流行りません。
経営者であればなおさらです。
知らなければ勉強すればいいだけです。

欧米では税金を多く納める人はタックスペイヤーと呼ばれ尊敬されています。
社会のために多くの税金を支払っているからです。
人生は自分だけで生きていけません。
家族、仲間がいて私たちは生きていけます。
そのみんなが幸せで豊かな生活を送るために
みんなで税金を払いみんなで助け合うという仕組み。
相互扶助の理念です。
優れた仕組みです。
あとは政治家さん次第。
頼みます。

2012.01.18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 本や音楽など!

いずれにせよ。

私は元来
人見知りで恥ずかしがり屋であがり症で
引っ込み思案でネガティブな
厄介な男です。

ただいい歳してそんなことも言ってられませんし
そんなことでいろんなチャンスを潰したくないんで
「二つ返事」を習慣化しています。

人からのお誘い、依頼には「二つ返事」です。
相手に「多田さんにお願いしてよかった」と気持ちよくなってもらいたいし、
なにより「二つ返事」すると自分の気持ちが盛り上がります。

そんな習慣に変えると
徐々に性格も変わってきます。
人前に出ることに抵抗がなくなり、ちょっと目立ちたくなり、
ほとんどあがらなくなり、ポジティブ思考に変わります。
それはそれで厄介な男ですが。

まぁ本来人間はスポットライトを浴びたい、
目立ちたいといった願望を持っているもんですよね。
私の場合40歳になって
そっちの多田憲司が現れたってことです。

で、
私が所属している団体から依頼がきました。
高校生の前で税金について話をしてくれと。

了解。


         〈福島県立商業高校3年生240人の前で〉

社会に出てからの税との関わりをお話させていただきました。
少しばかり会計事務所で働いていたことが役に立ちました。

人前で話すことって気持ちイイ!
癖になりそうー!
と妻に報告したところ
「そういう人って厄介だよね。
 無駄な話が増えて時間ばっかり伸びて。
 中身ゼロの独りよがりな話を聴かされるほうは
 たまんないよね」

結局
僕は厄介。

2012.01.13 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雑文です。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。