社長ブログ

この映画がスゴイ!vol.26

『ショコラ』
  2000年製作・アメリカ
  監督 ラッセ・ハルストレム
  出演 ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ 他

ある街に越してきた明るく朗らかなヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)が作るチョコレートは
人々に安らぎと癒しを与え、距離をとっていた住民たちの心を徐々に開放していく。
しかし、敬虔な宗教家で町長のレノ伯爵はミサに参加しないヴィアンヌを認めようとせず、
町から排除しようとするが・・・。

逕サ蜒・027_convert_20120504214008
         〈主人公のジュリエット・ビノシュ。好きだわ~〉

大好きなハルストレム作品の中では・・・
まあまあですね。
じゃあなんでここで取り上げたのかというと
ジュリエット・ビノシュが好きだからです。
「THE大人の女」的な雰囲気が好きです。
なら天海祐希も好きか、というとそうでもなく、
蓮舫はどうだ、と問われてもNOです。
私にとって「大人の女」はジュリエット・ビノシュであって
他の追随を許さないほどの存在です。
この作品でも女性の強さ、弱さ、愛嬌、母性、恋愛感情を見事に演じています。
その立ち居振る舞いも素敵です。
だからこの作品が好きです、まあまあですけど。

そしてもう一人最高の演技を見せてくれたのが
レノ伯爵を演じたアルフレッド・モリーナ。
聖人君子として町民から尊敬されていた祖父、父に近づこうと、
誰よりも町のルールを遵守し、ミサにも熱心に通い、
断食期には一切飲食をしない。
イヤミな男でこの作品の悪役を一手に担う彼も、
実は妻に逃げられ(でもそれは町民には内緒にしていて)、
さらに美人秘書から好意を持たれているのは分かっているんだけど
不貞をすることは神の教えに反するためグッとこらえ、
さらに甘いチョコも好きなのに、
一度もミサに来ないヴィアンヌのつくったチョコはプライドにかけても口にしない、
と強がってはいるけど本当は普通の男ということが分かってきて。
ラストは自らがんじがらめにしていた固定観念を捨て人間らしさを取り戻すのですが、
そこまでの変化を滑稽、そして哀愁たっぷりに演じています。
グッジョブです。

それとジョニー・デップも出演しているのですが
あまり目立ちませんでしたね、今回は。
そんなこともあるもんです。

まあ、まあまあな作品ですけど、
優しい雰囲気の映画ですので見れば心が浄化されるかも。

さてさて次回は・・・
最近手に入れたアジアを代表するあの爆笑コメディシリーズ!を
ピックアップ!!

2012.05.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画も!

Running Man In San Francisco 【PM12:00~PM2:00】

サンフランシスコ胸張りプロジェクトもいよいよ終盤。
悔いの残らないよう、足が壊れてもいいつもりで走りきる!
・・・でも壊れちゃまずいよな、歩きも交えてゆっくり行こう!
と下方修正。

目指すはロンバード・ストリート。
それにはハイド・ストリートの坂道をクリアしなければならず・・・

逕サ蜒・071_convert_20120523165305
逕サ蜒・070_convert_20120523172233
〈歩いている人はほとんどいない。ケーブルカーの乗客から奇異な目で見られるランニングマン〉

きつかったー!しんどかったー!
でも着いたー!ロンバード・ストリート


逕サ蜒・072_convert_20120523165353
                   〈てっぺんからの見晴らし〉
逕サ蜒・073_convert_20120523165437
        〈中段からの風景。歩行者はまっすぐ、車はクネクネの勾配27度の坂道〉
逕サ蜒・078_convert_20120523165614
           〈下から見るとこんな感じ。初夏はアジサイが綺麗だとか〉

逕サ蜒・077_convert_20120523165529
       〈疲れで胸張りもちょっと猫背気味・・・ at ロンバード・ストリート〉

お次は最後の目的地、フィッシャーマンズ・ワーフ。
海沿いのショッピングセンターが集まる人気スポット。
ここからは下り坂の一本道。

40分で到着。

逕サ蜒・081_convert_20120523165742
  〈缶詰工場や波止場だった建物をそのままショップに at フィッシャーマンズ・ワーフ〉
逕サ蜒・080_convert_20120523165657
                 〈妻と息子へのおみやげをGET〉
逕サ蜒・082_convert_20120523165835
     〈チョコレートジュースを飲み、でっかいイチゴを食べ、ソフトクリームもペロリ〉

帰りはケーブルカーに乗ろうと思っていたけど
まだいけそうだから歩こうと決め、
PM2:00、ホテル到着。
長い長いプロジェクト、終了。
お疲れ様でした、ランニングマン。

走破時間8時間、走行距離35km、
飲食物ハムサンド、チョコパン、クロワッサン、
ミネラルウォーター4本、コーラ1本、チョコレートジュース、イチゴ3個、ソフトクリーム。
くじけそうになった回数4回、達成感∞。

逕サ蜒・089_convert_20120523140644
               〈次の日の朝も2時間ほど歩いたとさ〉

I run

I have no ideas for world peace 
But I know the running makes me storong
So I run
So I run hard

逕サ蜒・069_convert_20120523165213

The end

2012.05.24 | コメント(2) | トラックバック(0) | ランニング!

Running Man In San Francisco 【AM10:00~AM12:00】

見えてきた!
本日最大のメインイベント。
あの橋の中央で胸を張るんだ!
ORIGINALLY FROM FUKUSHIMAとして!

逕サ蜒・048_convert_20120523134145
          〈サンフランシスコのシンボル at ゴールデンゲート・ブリッジ〉

1kmほど進むとさらによく見えてきた!

逕サ蜒・050_convert_20120523135514
         〈絶好のローケーション。インターナショナル・オレンジが映える!〉

ここで胸張っておこう。
辺りを見回し気のよさそうな外人カップルを発見。
「プ、プ、Please ・・・ take a photo」
なんとか通じたようで撮ってもらえました。

逕サ蜒・052_convert_20120523135607
          〈黒ずくめの東洋人を怪しげな目で見ていた連れのブロンドレディ〉

お礼に私も撮ってあげました。サンキュー。

さらに進むこと1km。
橋の入り口に到着。
よし足を踏み入れるか。

逕サ蜒・055_convert_20120523135655
             〈全長約2100m。常に強風が吹き荒れるそう〉

人ごみをぬうように走り、自転車に負けぬよう走り、橋の中央へ。

逕サ蜒・056_convert_20120523135748
           〈GGBの中心でMHR(胸を張るランニングマン)!〉
逕サ蜒・057_convert_20120523135836
      〈本来高いとこが苦手なランニングマンは写真を撮るやいなや足早に退散〉

ゴールデンゲート・ブリッジまで5時間走り、歩き、
もう体力も気力も使い果たした・・・と思いきや、
まだまだ元気なランニングマン。
俄然楽しくなってきた!
この後は海岸沿いの道・クリッシー・フィールドを走り、
世界一曲がりくねった道・ロンバード・ストリートを目指そう!
とプランを立てながらランチ。

逕サ蜒・060_convert_20120523140228
              〈向こうに見えるは・・・もしや・・・あの島!?〉

ベンチに座りボケーっとすること30分。
充電完了。

逕サ蜒・061_convert_20120523140315
逕サ蜒・067_convert_20120523140556
〈散策路、自転車専用道路、砂浜、ピクニック・エリア。ジョギングに最適 at クリッシー・フィールド〉

心地いい風と日差しを浴びて走りながら、
海の向こうに見えるあの島をバックに胸を張るポイントを吟味。
ただ海の上は霧があり、なかなかはっきりした姿を現してくれない・・・。
ここでいいか。

逕サ蜒・068_convert_20120523150649
          〈アル・カポネも収容されていた連邦刑務所 at アルカトラズ島〉

ちなみに近くから撮るとこんな感じ。

逕サ蜒・003_convert_20120523140729
        〈映画「アルカトラズからの脱出」(主演クリント・イーストウッド)の舞台〉

現在お昼の12時。予定は2時まで。
よし、もう少しだ、いこうぜ、ランニングマン!

To Be Continue

2012.05.23 | コメント(2) | トラックバック(0) | ランニング!

Running Man In San Francisco 【AM8:00~AM10:00】

晴れてきた!
いいぞいいぞ!
楽しくなってきた!

逕サ蜒・084_convert_20120521233104
        〈この青空が見たかった!これが頭に描いてた西海岸のイメージだ!〉

のどの渇きを潤すためにガソリンスタンドの自販機でコーラを購入。
ガシャガシャーン。

ものすごい音で落ちてきたコーラ。
案の定キャップを開けると噴き出すコーラ。
こういうとこがアメリカだなー、コラー。
と韻を踏みながら再び足を踏み出すゴキゲンなランニングマン。

しかしそんなウキウキモードもここまで・・・。
そこには坂の街サンフランシスコの真骨頂が。
下手すりゃ45度くらいあるんじゃない、ってくらいの坂道。
プロ野球選手が自主トレで足腰鍛えるために駆け上る石段くらいあるね。
上りは前傾姿勢で足首とふくらはぎが伸びきり、
下りは重心を落として慎重に歩かなきゃ膝が破壊されること間違いなし。

逕サ蜒・066_convert_20120521233232
                  〈遠く遠く奥に見える上り坂。苦行〉
逕サ蜒・036_convert_20120521232120
        〈下りは下りで全然楽じゃない。つまずいたら絶対ローリングストーン〉

なんとか坂を克服しながらフィルモア・ストリート、ウェブスター・ストリート、
ユニオン・ストリート、チェスナット・ストリートを走破しひたすら次の目的地へ。
もうここらへんでは走ったり歩いたりの繰り返し。
ここで小休憩。中学校の校庭で遊ぶ子供たちを見学。
不審な東洋人がいる、とポリスに通報される前にリスタート。

逕サ蜒・042_convert_20120522102552
   〈ハンドボールとサッカーが組み合わさったようなスポーツ。それ、面白いか!?〉

よしっ、気持ちを奮い立たせて・・・歩き始めるランニングマン。
15分ほどで目的地到着。

逕サ蜒・043_convert_20120522104114
        〈200年以上にわたる歴史がある元陸軍基地 at プレシディオ〉

逕サ蜒・044_convert_20120522104013
         〈603ヘクタールの広さ。現在は国立レクリエーション・エリア〉

ここでは胸を張るよりもこのポーズがふさわしい。

逕サ蜒・046_convert_20120522104245
        〈映画「プレシディオの男たち」(主演ショーン・コネリー)の舞台〉
逕サ蜒・047_convert_20120522104909
              〈戦死者は日本・外国問わず尊ぶべき存在です〉

30分ほど芝生に座りリフレッシュ。
さあ、次はあの橋に向かうぞ!

To Be Continue

2012.05.22 | コメント(2) | トラックバック(0) | ランニング!

Running Man In San Francisco 【AM6:00~AM8:00】

ランニングマン、
サンフランシスコに降り立つ。

逕サ蜒・002_convert_20120520224525
             〈霧の都。本当だった。視界ゼロ at ツインピークス〉

さあ、サンフランシスコで何してやろう、と考えたランニングマンは
ホットドッグを食べながら閃いた。
『ランニングしながら名所名跡観光地で胸を張ってやろう!』

AM6:00、ザ・ウェスティン・セントフランシスホテル前で胸張りスタート。
ちなみに腰に手をあてて仁王立ちがランニングマンの胸張りスタイル。

逕サ蜒・017_convert_20120520230233
          〈しこたま胸張ってやるぜ!気合十分 at ユニオン・スクエア〉

まずは西へ。
向かうは映画のシーンや絵葉書にもよく登場するというアラモ・スクエア。
3kmほど走りお腹がすいてきたので途中スーパーに立ち寄りハムサンドとコーラで朝食。
朝の6時だってゆーのに買い物客が多いこと多いこと。
駐車場で朝食をとるランニングマンを訝しがる警備員の目が怖いこと怖いこと。

リスタート。
おっ、五重塔!
軽く胸を張ってやるか。

逕サ蜒・021_convert_20120520231618
 〈ここはゲーリーストリート沿いのジャパンタウン。風が冷たくなってきた at ジャパンタウン〉

しばし走ること30分。
アラモ・スクエアにとーちゃーく。
小高い山になっていて四方は色鮮やかなビクトリアンハウス。
でも曇天なんで魅力半減。

逕サ蜒・019_convert_20120520232232
             〈晴天時に胸を張りたかった・・・ at アラモ・スクエア〉

この日は風が強くて寒くて。
ちょっと小休止しながら継続するか引き返すか逡巡するランニングマン。

逕サ蜒・020_convert_20120520233620
             〈後悔で途方にくれるAM7:00。今ならまだ戻れるぞ!〉

気力を振り絞り前へ前へ。
2kmほど走ると目の前に公園入り口が。
おっ、着いたな、2つ目の目的地。

逕サ蜒・023_convert_20120521132050
逕サ蜒・031_convert_20120521132516
  〈長さ5km、幅1km、面積450ヘクタールの大公園 at ゴールデンゲート・パーク〉

この時間はランナーがたくさんいて
こんなランナーも。

逕サ蜒・030_convert_20120521133434
               〈ベビーカーを押しながら走るママ(?)〉

みんな音楽を聴きながら走っていて
誰も東洋人には興味なし・・・。
走るときは街の、風の音を聴いて走れ!
と心の中でジャパニーズ説教。
で、半分ほど走り折り返し。

逕サ蜒・027_convert_20120521132928
        〈胸の張り方もさまになってきた? at ゴールデンゲート・パーク〉

しかし次の目的地までこのままの寒さだときついな、
汗もかいてきたし。
と考え始めたちょうどその時!
霧がはれ、雲がわれ、太陽の日差しがランニングマンに降り注いできた・・・。

To Be Continue

2012.05.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランニング!

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。