社長ブログ

『先生、とん税ってなんですか?』

次代を担う小学生を対象に、
健全な納税者意識を養うことを目的とした
租税教室というものがあります。
そこで講師を務めています。

例年12月から1月にかけて行っていて、
今回の担当小学校はS小学校でした。

税金ってなんのためにある?
税金は何に使われている?
税金の種類は何種類?
税金のない世界はどうなってしまう?
税金でつくられているものは?
1億円を見たことがある?



45分も時間を頂戴しているので
中身のある授業にしなきゃなりません。
私はきっちり台本を作成して臨むタイプでして、
というかアドリブがきかないので。
子供たちが退屈しないように、
できれば興味を持って聞いてほしいので
準備に時間をかけて授業をさせていただきました。

幸いなことに
私が受け持ったクラスには明るくて活発な子が多く、
質問に対する答えが聞き取れないほどノリノリで参加してくれました。

最後のまとめはこんな感じでした・・・

『税金を納めることで
 社会の役に立っているということを今日は覚えていってください。

 人の役に立つってうれしいよね。
 友達や家族のためになることをして、
 ありがとうって言われたり、笑顔が見れたらうれしくて幸せになるよね。
 税金を納めることで顔は見えないけど喜んでくれる人が全国にいます。
 みんなの税金でお医者さんに病気を治してもらえる人がいます。
 でこぼこした道路を直すことができる町があります。
 警察官や消防士さんが町を守ってくれます。
 おじいちゃん、おばあちゃんが生活できて、ゴミのないきれいな町になって、
 そしてみんなが学校で勉強できます。
 
 税金を納めることで日本に住むみんなが快適で豊かな生活ができるようになります。
 税金はみんなを幸せにするものなんです。

 みんなは大人になったら一生懸命仕事をして、多くの税金を納めるようになってください。
 それが社会の役に立つ人間になる第一歩です。

 まずはたくさん勉強して、スポーツして、友達をたくさんつくって家族と仲良くして
 みんなが持っている夢を叶えられるように頑張ってください。』

税金はみんなのために使われていることを知ることで、
人がいるから自分がいられる、
ということを一瞬でもいいから考えてくれれば、
などと大仰な裏テーマを忍ばせつつ
楽しい授業はあっという間でした。

子供たちの好奇心や笑顔に触れて元気をもらいました。
と同時に、人にエラソーにいう前に、
感謝、謙虚を忘れずに生きなさいよ、
と自分にダメ出しを。

ちなみに「とん税」とは
外国の貿易船が日本の港に寄港した時にかかるものです、確か。

2014.01.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑文です。

こけたら立ちなはれ

富山第一と星稜の決勝戦は
高校サッカー史に残る素晴らしい試合でした。
ホイッスルが鳴るまで、
スリーアウトになるまで
何が起きるか分からないのが
スポーツの神髄ですね。

それなのに。

富山第一の選手たちは最後まで諦めなかったのに
観てるコッチが星稜の2点目で「あ~、決まったな~」と見切りをつけてしまい、
ちょっと用事をこなしている隙に1点差・・・同点・・・。
なんと情けないサッカーファンでしょう、あたいは。

ベアーズも言っています。

004_convert_20140114171038.jpg

観戦してる側も簡単に諦めちゃダメですな。
選手に失礼です。
反省します。

ちなみにベアーズとは哲学者、思想家ではなくて
映画「がんばれ!ベアーズ」のことです。
この人生訓は映画の中で使われたセリフです。
この映画も弱小野球チームが諦めずに勝利を目指す物語でした。

うちの息子の初めてのスケート。



何度転んでも立ち上がれ!

002_convert_20140111170250.jpg

2014.01.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑文です。

さて、今年は

新年、あけましておめでとうございます。

DSC_0691_convert_20131231151244.jpg

今年はやさしい人間になりたい。

懐が深くて、器がでかくて、
何事にも動じず、包み込むような愛に満ちていて、
変える力を持っていて、情熱に燃えていて・・・
そう、北島三郎氏のように。

でもまぁやっぱり肩の力を抜いて気負わず行こうと思います。
出来ることを丁寧に取り組んでいきます。

とりあえず年末年始太りを解決します。

今年もよろしくお願いいたします。

2014.01.01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑文です。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。