FC2ブログ
社長ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Can't Help Falling In Love

先日、とある小学校の6年生80人と
県議会議場、税務署、東北中央道トンネル建設現場などをバスで巡り、
税金の使い道を勉強する課外授業へ出かけてきました。

大人の話にしっかり耳を傾けている子供たちが多く、
お弁当の時間や税務署でのクイズ大会などで盛り上がり、
私自身も大変楽しい時間を過ごせることが出来ました。
先生、生徒のみんな、ありがとうございました。

そんな中、感じたことはといえば。
まぁよく言われることではありますが、
やっぱり男子は6年生といえどもこどもだな~、ということ。
実際に接してみると、ホントそう、ウソ偽りなく男子はこども。

見学の待ち時間に廊下ではしゃぐ男子。
そして落ち着いた副委員長的な女子に注意されへこむ男子。

バスの中でしりとりを始める男子。
なんでもアリなしりとりだから終わりがない。
しりとり→リス→スイカ→カブトムシ→しりとり→
「それ言った!」突っ込みは男子全員で。
エンドレスなしりとりに終止符を打つべく私の渾身の一言
「レモン!」に「んがついてる!」と大喜びな男子。
というかいつの間にかしりとりに混ざっていた私、45才男子。

記録のためにビデオカメラをまわしている私がレンズを向けるやいなや
待ってましたといわんばかりにレンズに近づきヘン顔を披露する男子。
1人が始めると全員で。もはやカオス。

いや、勘違いしないでください。
そんな男子をどうしようもねぇな~、と嘆いているわけではなく、、、
男子サイコー!!!ってことを言いたいんです。
男子はやっぱりこうでなければなりません。
女子に白い目で見られようがはしゃいで、
先生に注意されようがおだって、
結果転んでケガをしようがじゃれあって。
思い起こせば私もそうだった、いや、今でもそう。
酔って大はしゃぎする私は6年男子と大差ありません。

ふざけて見える景色もある、それが成長過程で大事だったりする。。。
なんてことがあるかどうかは不明ですけど、
今を楽しんでやれ、っていう精神は頼もしい。
男子ははしゃいでこそ男子。
男子落ち着くべからず。
男子の本懐ははしゃぐにあり。
はしゃぎ道極めり。

さあ、諸君、今日もはしゃごうじゃないかっ!

スポンサーサイト

2014.10.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑文です。

Lemontic Day

「そりゃあ、ダントツにレモンサワーです。」

あなたにとってのベストアルコールを教えてください、
という問いに対しての私の回答です。
実際そんな問いかけはありませんが。

レモンサワー。
世界の果てまで見渡してもお酒の中で最強だと思っています。
いや、飲み物という飲み物の中で最強だと思っています。
まぁそもそもレモンが最強ですから。

体力を使い果たしヘロヘロなサッカー少年Kが
レモンのはちみつ漬けを一口食べた瞬間体力が回復し
誰も止められないドリブル、決定的なシュートでライバルを翻弄。
相手チームの監督に「彼はなんて名だ!?ワールドクラスだ!!」と
言わしめたレモンの破壊力は言うに及ばず、
雑誌の表紙を彩るようなタレント性もある。
「レモン何個分のビタミンC」
レモンは基準にもなっている。もうすっかりビタミンCの代名詞。
そして極めつけは「レモンの味がした」
そう、初めてのチューの例えにも抜擢される存在感。
もはやレモンは青春とイコール。
学生時代をレモン時代と呼んでもいいのではないか。

そんなレモンサワー命の私ですので
それはもう各地のレモンサワーを飲んで飲んで飲まれて飲んできました。
いわば私の人生はレモンサワーの歴史といってもいいでしょう。

福島にも美味しいレモンサワーを飲ませてくれるお店は多々あります。
どんな料理にも相性がよく、みんなで乾杯すれば勇気もわく、yeah!

KIMG0018_convert_20140917124319.jpg

どこそこのレモンサワーが美味いとか
順位づけするような野暮なことはしません、レモン党は。
天はレモンサワーの上にレモンサワーをつくらず、です。
ただここにきて、これだっ!というレモンサワーと出逢ってしまった45歳の夏です。

002_convert_20140917114029.jpg
                  〈これです〉

焼酎1:レモン2が黄金比。氷はたっぷりネ。
このレモンジュースが販売中止にならないことだけが願い。

2014.10.17 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑文です。

最近のぼく

飲み会から帰ってきてなんかもう少し飲みたいな、
なんつってうちで飲み始める・・・と靴を磨きたくなるぼく。
結構本格的に磨き始めるぼく。

御社の課題は?と質問され、
「社内外に課題はありません。強いてあげるならば課題は私です。
 私が未熟なばっかりに多方面にご迷惑をかけています。
 私が成長すれば全て上手くいきます。」
と赤面必至な戯言をのたまうぼく。

ハーフマラソンで久々に2時間を切り
沿道の知り合いでもない人に握手を強要するぼく。

034_convert_20141006131658.jpg


来年はいよいよフルにチャレンジか?機は熟したか!?
そうだ、先輩からロードバイクもいただいたからデュアスロンも視野に入れなきゃ!
そうなるとスイムも入れてトライアスロンか!?
どっかいい水泳教室ないかな。。。
と夢馳せるぼく。

本屋をぶらぶらする目的の一つに
好きな作家の新刊が出てないかをチェックすることがあって、
それが平積みされている時の興奮といったらもうわちゃわちゃで、
最近も伊坂幸太郎と折原一の新作を購入し
秋の夜長を満喫するぼく。
レモンサワーもすすむ、すすむぼく。

秋のぼくは気分も上々。

2014.10.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑文です。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。