社長ブログ

Running Man In 神戸

神戸メリケンパークに参上。



AM6:00、霧雨。
ランニング、スタート。

003_convert_20150620100343.jpg

メリケン波止場は阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けました。
その被災した岸壁を安全に保ちながら
被害状況を目に見える形で残しているそうです。

010_convert_20150620100522.jpg

地震、台風、津波、噴火。
自然災害を防ぐことは出来ません。
なら祈るしかないです。

走りながらその場所であった出来事を想うことで
何かを起こすことができるわけではないけれど
自分の中で何かが湧き上がってくればいいな
と思って走っています。

001_convert_20150620100028.jpg

10km、完走。

2015.06.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランニング!

プレイボール

いっつも息子の話で恐縮です。。。
小1くらいですとやっぱり体を動かすのが好きみたいなので、
すでに水泳教室には通っているのですが
もう一つ、サッカーか野球を習おう、ということになり
双方の無料体験に参加してきました。

体験してみて本人に決めさせよう、
と私と妻で事前打ち合わせをしていたのですが
本人的にはどちらも楽しくて絞れず。

私と妻は野球の方がいいね、と意見が一致していたので、
というのもサッカー教室を見ていると
うちの息子にはボールを奪う闘争心や率先してシュートを打つような積極性があまり無いようですし、
なんか教室全体がダラダラしていた感じがあって、申し訳ないですが。
かたや野球教室の方は挨拶の仕方から教え始めたのが印象的でした。
小1ですから技術面の向上というよりも
スポーツを通してチームワーク、協調、連帯、礼儀などを学んでほしいと思っていますので
野球の方がいいんじゃないかな、と感じたわけです。
私は小5からサッカーをやっていましたのでサッカーが好きですけども、
やっぱり挨拶とか礼儀なんかは丸坊主の野球部の方がしっかりしてたような気がします、
個人的な偏見ですみません。

お父さんとお母さんは野球の方がいいと思うよ、と
まぁ誘導したわけですけれども
本人も野球を選びました。

1434620884281_convert_20150620091240.jpg

ただサッカーにも未練があるようで、
じゃあ水泳を頑張って短期間で上達すれば水泳からサッカーへチェンジしよう、
と約束を交わしました。
それまでは元サッカー部の私がコーチするということで。

来年以降、野球とサッカーの二刀流かもしれませんし
どちらかを選んでいるかもしれません。
もしくは全く違ったスポーツに出会っているかもしれないし
いやいや文化系に走っているかもしれない。

どんな選択をするのか想像もつきませんが
大人がある程度の道筋を示さなければいけないと思っていますし、
選んだものに一生懸命取り組むこと、
選ばなかったものを後悔しないこと、
を学ぶことができれば上出来です。

2015.06.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー&スポーツ。

ロードバイク1年生

『人生とは自転車に乗るようなもの。
バランスを保つためには動きつづけなければいけない。』
                アルバート・アインシュタイン

まぁそんな難しく人生になぞらえなくてもいいんでしょーけど
なにはともあれロードバイクの魅力にはまりました。
その魅力は口頭では伝えきれないので省きますが。

私は機械をいじったりプラモデルを作ったり
なんかそんな男の子っぽいことに興味がなくてですね、
車にもあんまり興味がなくて乗れればいい感じですし
自分で手を加えてとか洗車場で自らピカピカに仕上げるとかしないもんですから、
ロードバイクを先輩から頂いた時も時間が空いた時にチャチャッと乗るくらいかな、
なんて思っていたわけです。

ところがもう楽しい方に針が振れちゃって。
乗るだけじゃなくてその後のケアも面白いんです。
サドルを変えたりハンドルバーテープを赤色にしたり
細かい傷を磨いたり専用洗剤でシャンプーしてあげたり
いったんバラバラにして組み立て直したり
疑似パンク修理をしてみたり
チェーンを掃除したり。
オレってこんなことするんだっ、
自分で自分にビックリしています。

そんな姿を見て妻も驚いていると同時に、
自分の持ち物を大事にする父親の姿は子供にとっていいお手本になる、
と喜んでおります。

1433209909192_convert_20150602105956.jpg

今は父親のやることや持っているものを真似したいようで
私が休日に自転車の洗車をはじめると
息子も自分の自転車を洗い始めます。
余ったカラーテープをあげると
なんか荷台とかに巻き始めたりします。
フレームについているドリンクホルダーを欲しがったりもして付けてやったところ
水筒を差し込んでチビチビ飲んだりしています。

いろんなことを教えてやりたいと思いますし、
一緒に楽しめる時間を多くもちたいです。
ですのでこのロードバイクは
親子を繋ぐいいアイテムだなーと感じています。
いずれおんなじような自転車を買って
車の屋根に積んで遠くまで行って
時間を忘れて乗りまくって楽しみたいな。
そうたくらむのはきっと自由だ。

2015.06.11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 家族とか。

マラソン4年生

マラソンを始めて4年も経過すると、
「マラソンは前傾で歩幅を短くして走るんだよ」
と立派なマラソン能書きを垂れることができますし、
「走っていて進路を変える時は後方確認をキチっとしてね」
とマナー違反ランナーへ苦言を呈すこともできます。

とはいってもkm6分のいたってフツーなランナーです。
タイム更新はとうに捨てているので、
とゆーかタイムを縮めることはもう限界なので
沿道で振る舞われる地元特産品は立ち止まって全て食しますし、
沿道で手を振って応援してくれる子供たちにはキチンと手を振り返します。

無理せず楽しく走る。
これが4年かけて見つけた私に合ってる走り方。

さて今年の初戦、
山形県東根市のさくらんぼマラソン大会ハーフの部。

006_convert_20150608114641.jpg
            〈さくらんぼを食い尽くすゼ〉

目標タイムは2時間6分、km6分ペース!でGO!!

父が走っている2時間あまりに
息子はさくらんぼ種飛ばし大会エントリー。

012_convert_20150608114842.jpg
       〈一時は2位に入るもその後の好記録に撃沈〉

なんやかんやで2時間経過。
ゴール前で待ち構える息子。

019_convert_20150608115050.jpg

の前にようやく登場。
残り5kmで足が前に出ない状態でフラフラ。。。

020_convert_20150608115208.jpg

そんな父を見るや
しっかりしろっ!とばかりにコースに乱入、
手を引く息子。
もはやカイゴマラソン。

022_convert_20150608115410.jpg

「がんばれ坊や!」と声援を受け俄然張り切る息子と、
「引っ張られてそのスピードについていけず転んだ私が嘲笑されている姿」
を想像してしまった瞬間、そんな失態は回避しないと!と最後の力を振り絞る私の
足の回転数が一致し奇跡のラストスパート。

023_convert_20150608115600.jpg

最後の直線だけで20人ごぼう抜き。
どうだ、と言わんばかりに鼻の穴を膨らませる息子と
今日のビールは旨いなだろうな、と想いを馳せる私。

026_convert_20150608115750.jpg

マラソン、楽し~。

2015.06.08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ランニング!

«  | ホーム |  »

FC2Ad

多田憲司とまーすけ

子どものことや、

子どものことや、
趣味のことや、
仕事とまったく関係の無い、
そのうえ含蓄のないことを
綴っています。